データベース向け資格の特徴と学習方法について


就職や案件参画時等に効果が有り、知識の整理にも活用できるデータベース向け資格には、主に、ORACLE MASTERと 情報処理技術者試験データベーススペシャリストの二つがありますが、試験の傾向や学習方法が異なるので、 相違等についてまとめました。

※データベースシェアについては、「データベースシェア等」を参照の事。
※データベース以外の資格については、「ITエンジニアの職種と資格」を参照の事。

作成日:2017/05/08


試験傾向

ORACLE MASTER学習方法(Bronze/Silver向け教材等Gold向け教材等)

データベーススペシャリスト学習方法


試験傾向

分類 主催者 試験名 グレード 偏差値 出題形式 受験条件 費用 受験日 備考
ベンダ試験 Oracle社 ORACLE MASTER Bronze 50 選択式 なし 6万程度(対象試験は2つ) 随時 教材に記載されている問題が、本番でも出題される可能性が高いので、問題を多く解く事により、実務経験が無くても短期間で合格する事は可能。
Silver 52 上記Bronze合格要 4万程度
Gold 56 上記Silver合格要 20万程度(研修受講要)
Platinum 60 実技式 上記Gold合格要 70万程度(研修受講要) 費用が高額となる為、個人で受験する事は困難。
国家試験 IPA データベーススペシャリスト 62 選択・記述式 なし 2万円以下 年一回 記述式の試験は、国語の長文読解問題で、更に、高速な読み書きが必要な事から、国語力が必要となるので、ベンダ系試験のように、短期で合格する事が難しい。

▲最上部に戻る


ORACLE MASTER学習方法


下記教材の書籍の解説を読む事で、内容を理解後に、教材に含まれる模擬問題を解き、 解けない問題については、下記教材等の解説等で知識を補完しつつ、 問題の正解率を100%に近づけていく事で、独学でも問題なく合格可能です。

下記教材の模擬試験は、本試験問題を十分に研究して作成されているので、模擬問題を解けば解く程、 試験合格率を高める事ができます。
もし、不合格になった場合、再受験の為にそれ以上の費用がかかる事を考慮しますと、 ご自身の経験や知識が不足している認識があるのであれば、最初から、書籍だけではなく、 eラーニング等を併用された方が効率が高いのではと考えております。

※余談ですが、私は、元々経理だったので、システムエンジニアにキャリアチェンジする際に、 ORACLE MASTERが実務経験不足を補う上で、とても役にたちました。

Bronze/Silver向け教材等
分類 対象グレード 試験番号:試験名 提供形態 関係組織 商品名 費用 備考
Database 12c 全体 電子媒体/動画 Oracle社 オンラインセミナー 無料 12cの新機能の紹介。
Bronze 1Z0-061-JPN:SQL基礎 書籍 エディフィストラーニング社 オラクル認定資格試験対策書 完全詳解+精選問題集 解説と模擬問題を収録。
eラーニング クラムメディア社 資格問題集 模擬問題を収録。
1Z0-065:Bronze DBA 書籍 エディフィストラーニング社 オラクル認定資格試験対策書 完全詳解+精選問題集 解説と模擬問題を収録。
HTML Oracle社 サンプル問題 無料 模擬問題を収録。
eラーニング システム・テクノロジー・アイ社 iStudy
Silver 1Z0-062:Installation and Administration 書籍 エディフィストラーニング社 オラクル認定資格試験対策書 完全詳解+精選問題集 解説と模擬問題を収録。
HTML Oracle社 サンプル問題 無料 模擬問題を収録。
eラーニング クラムメディア社 資格問題集

▲最上部に戻る

Gold向け教材等
分類 対象グレード 試験番号:試験名 提供形態 関係組織 商品名 費用 備考
Database 12c 全体 電子媒体/動画 Oracle社 オンラインセミナー 無料 12cの新機能の紹介。
Gold
※信頼できる教材が少ない模様
1Z0-063:Advanced Administration 書籍 Bob Bryla氏 Exam Guide 解説と模擬問題を収録。※英語
エディフィストラーニング社 オラクル認定資格試験対策書 完全詳解+精選問題集 解説と模擬問題を収録。※対象バージョンは、一つ前の11g
HTML Oracle社 サンプル問題 無料 模擬問題を収録。
Gold
※旧バージョンからのアップグレード
1Z0-060:Upgrade to Oracle Database 電子媒体 Oracle社 移行試験傾向と対策セミナー 無料 新機能(セクション1)の傾向を主に収録。※本試験は、左記と重要なDBAスキル(セクション2)の2セクションで構成されている。
書籍 システム・テクノロジー・アイ社 オラクルマスター教科書 新機能 解説編 新機能の解説を主に収録。
オラクルマスター教科書 新機能 練習問題編 新機能の模擬問題を主に収録。※iStudyにも同様の問題が含まれているので、iStudy購入予定の方は、本教材は不要。
eラーニング クラムメディア社 資格問題集 全試験範囲(セクション1・2両方)の模擬問題を収録。
システム・テクノロジー・アイ社 iStudy

▲最上部に戻る


データベーススペシャリスト学習方法


本試験では、午前Ⅰ、午前Ⅱ、午後Ⅰ、午後Ⅱの4つの試験が1日に実施されます。※午前Ⅰについては、免除制度あり
午前の試験は、ベンダ試験と同じく過去に出題された問題が再度出題されるので、難易度は低いですが、 午後の試験は、毎回違う問題が出題され、又、短い時間内に、問題文・設問を読み、 設問に沿った回答を記述する必要があるので、効率的な長文読解・記述能力が必要となります。

具体的な学習方法としては、まず、下記教材等の「情報処理教科書」の解説を読み、内容を理解した後に、 時間を計りながら、過去問を解く事で、時間内に回答できるようにプロセスを改善しつつ、 更に、解けない問題については、下記教材の解説等で知識を補完する必要があります。 本試験は、時間が足りない傾向が強いので、時間内に合格可能な回答を記載する為には、かなりの準備が必要となる認識です。
※受験勉強で国語が得意であった方は、覚える事自体は少ないので、特に問題無しと思われます。

本試験の実施は、年一回なので、一度不合格になると、再受験できるのは、1年後となりますので、 転職等の計画が立てづらく、又、モチベーションを維持する事が難しいと思われます。
※私は、本試験の最後の午後Ⅱで、59点で不合格(60点で合格(本試験の各試験の合格点は、 60点とされていますが、合格率は15%程度に調整されるので、あくまで目安))となった事があります。

本試験は、上記のリスクを抱えており、更に、ORACLE MASTER等のベンダ試験のように、即効性のある特効薬は存在しない事から、 取得に時間がかかる事が想定されますので、資格を武器に転職等をされたい方は、費用は高額となりますが、 取得しやすく、評価が高いORACLE MASTER Gold等を先に取得する事をお勧めします。

教材等
出題形式 試験名 難易度 提供形態 関係組織 商品名 費用 評価 備考
選択・記述式 低~高 電子媒体 IPA 過去問 無料 - 本過去問を解く事が合格する為の基本となりますが、解説等が無いので、こちらだけで、合格する事は難しいと思われます。
書籍 ITのプロ46、三好康之氏 情報処理教科書 10 本試験の攻略法が、惜しみなくまとめてあるので、効率的に学習が可能。又、過去問の解説についても、10年間以上ダウンロード可能。直近試験の解説は、最新版にのみ記載されている。
具志堅融氏 ポケットスタディ 8 情報処理教科書で不足している内容を補完する為に併用すると効果的。
通信教材 アイテック社 合格応援セット等 1 書籍、eラーニング、セミナ、模試等を含まれるので、一見良さそうだが、あまり試験に有効でない内容が多く、能率が悪いので、お勧めできない。
選択式 午前Ⅰ・Ⅱ 書籍 東京電機大学編 午前精選予想 6 午前の試験は、過去に出題された問題が再度出題される傾向が高いので、過去問を解くだけで、合格可能。ただし、IPAの過去問には解説が無いので、本書籍等を使用すると効率的に学習可能。※問題は再利用されている事から、本が多少古くても、影響ありません。
記述式 午後Ⅰ・Ⅱ ITのプロ46、三好康之氏 高度試験午後I記述 6 本試験以外の午後Ⅰに特化した対処法がまとめられている。本内容は、本試験の午後Ⅱにも応用可。
荒川久志氏 入試現代文へのアクセス 基本編 8 本教材は、大学受験の現代文向けですが、午後の試験向けにも適用可能ですので、読み書きが苦手な方は、使用される事をお勧めします。
入試現代文へのアクセス 発展編 8
天羽康隆氏 得点奪取現代文記述・論述対策 7

▲最上部に戻る