Web技術の変化について(2016/01時点)


Webの使用方法は、従来、テレビ・ラジオのように情報の送り手と受け手が固定され、送り手から受け手への一方的な流れが多かったが、 様々なWebサービス等が提供される事により、送り手と受け手が流動化し、誰でもがWebを通して情報を発信できるように変化した事、 又、Web画面に求められる要求が高まった事により、必要とされるWeb技術が変化しておりますので、 そちらについて、過去の経緯を含めつつ、現状をまとめてみました。

記載日:2016/04/13

Web技術(黎明期1) / Web技術(黎明期2)

Web技術(発展期1) / Web技術(発展期2) / Web技術(発展期3)

Web技術(ITバブル前後1) / Web技術(ITバブル前後2)

Web技術(Ajax登場後1) / Web技術(Ajax登場後2)

Web技術(クラウド普及後1) / Web技術(クラウド普及後2)

Web技術(黎明期1)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1974 通信プロトコル - TCP IEEE TCP/IPプロトコル・スイートとして、現在も盛んに使用されている。
IP
1979 マークアップ言語 GML SGML Charles_Goldfarb氏 マークアップ言語のスーパーセット。文書構造の定義には、DTDを使用。
デザインパターン - MVC Palo Alto Research Center 機能をモデル・ビュー・コントローラに分割する事で、管理しやすくするパターン。
1981 リモート機能コール RPC Xerox社 別コンピュータの機能を呼び出す技術。

▲最上部に戻る

Web技術(黎明期2)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1989 マークアップ言語 SGML HTML Timothy John Berners-Lee氏W3C Webページを記述する為のタグセット。一番最初のWebサイトは、http://info.cern.ch/hypertext/WWW/TheProject.html。現在も機能拡張中。
1990 Webサーバ - CERN_httpd Timothy John Berners-Lee氏等・CERN 世界初のWebサーバ。
1991 アドレス URL Timothy John Berners-Lee氏 Webサイト等のアドレス。
通信プロトコル TCP・IP HTTP Timothy John Berners-Lee氏等・ITEF Webの最重要プロトコル。
Webブラウザ HTML WorldWideWeb Timothy John Berners-Lee氏・CERN 世界初のWebブラウザ。
分散オブジェクト技術 RPC CORBA OMG 別コンピュータ上の別プログラミング言語の機能を呼び出す事を容易にする技術。
1993 Webブラウザ WorldWideWeb Mosaic NCSA 画像も扱う事が可能。ソースを無料で公開した為、広く普及。
Webサーバ向けプログラム - CGI リクエストのたびに新しいプロセスを起動する等、処理効率が悪い問題やプラットフォーム互換性の問題有。
Webサーバ CERN_httpd・CGI NCSA HTTPd

▲最上部に戻る

Web技術(発展期1)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1994 通信プロトコル HTTP SSL Netscape Communications(現AOL) HTTPプロトコルに、通信相手の認証、通信内容の暗号化、改竄の検出等のセキュリティ機能を追加(https)。
デザイン - CSS CERN Webページのレイアウト・色等デザインを指定する用途で使用。現在は、HTMLのデザインの記載をCSS向けファイルに分離する事で、HTMLとデザインを明確に分けて管理する用途でも使用されている。
Webブラウザ Mosaic Netscape Navigator Netscape Communications(現AOL) 現在はほとんど使用されていない。後継ブラウザは、Firefox
- HTTP cookie HTTPプロトコルは、状態を保持できない為、状態を保持する為には、サーバとWebブラウザ間で、統一のキー等を共有する事により、状態を共有する必要がある。本技術は、それを実現する技術で、現在、広く用いられている。
Mosaic Internet Explorer(以後、IEと記載) Microsoft社 Google Chromeが登場するまでは、ファーストチョイスのブラウザであったが、現在はシェアが衰退している。最新版は、Microsoft Edge
ECサイト - Amazon.com Amazon.com社 世界最大のECサイト。価格が安いだけではなく、送料が無料となる事が多い等、使い勝手が良い。現在は、クラウド・電子書籍の分野でも、注目されている。

▲最上部に戻る

Web技術(発展期2)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1995 Webサーバ NCSA HTTPd Apache HTTP Server オープンソース(以後、OSSと記載)(Apache系) シェアナンバー1のWebサーバ。
プログラミング(以後、PGと記載)言語 - Java Sun Microsystems社(現Oracle社) シェアナンバー1のPG言語。オブジェクト指向言語であるが、多重継承ができない等、C++より簡素なつくりの為、比較的簡単にオブジェクト指向プログラミングが可能。 又、GC機能が 存在する等、メモリ管理が容易。その他、Unix・Linux・Windows等のほぼ全コンピュータで動作する等の特徴有。
PHP OSS シェアナンバー1のWeb向けスクリプト言語。
LiveScript・Java JavaScript Netscape Communications(現AOL)・Sun Microsystems社(現Oracle社) Ajaxの主要技術。サーバサイドの機能も実装可能となる等、現在も機能拡張中。
検索エンジン - Yahoo! Yahoo!社 当初は、多くのシェアを保持していたが、現在は、Googleに押されている為、衰退中。 ※Yahoo! Japanを運営するヤフー社はソフトバンク社が筆頭株主である等、アメリカYahoo!から独立した組織(過去の日本⇔アメリカのセブンイレブンのような関係)。
インターネットオークション ebay EBay社 世界最多の利用者を保持。

▲最上部に戻る

Web技術(発展期3)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1996 RIA - ActiveX Microsoft社 HTML5に準拠しない為、Microsoft Edgeでは、不採用。
Flash Adobe Systems社 Ajaxが普及するまでは、主役となる可能性があったが、HTML5に採用されない事等から、勢力が衰退中。
Java Javaアプレット Sun Microsystems社(現Oracle社) 当時はWebブラウザは機能が少なかった為、当初は使用される事もあったが、現在は、ほとんど使用されていない。
Webサーバ - IIS Microsoft社 Windows向けのWebサーバ。アプリケーションサーバ機能も含む。
Webサーバ向けプログラム CGI ASP プロセスではなく、スレッドで動作する事で、CGIの問題を解決。最新版は、ASP.NET
PG言語 JavaScript JScript JavaScriptに対抗して作成されたJavaScriptライクなPG言語。HTML5に準拠しない為、Microsoft Edgeでは、不採用。
VBScript JavaScriptに対抗して作成されたVBライクなPG言語。HTML5に準拠しない為、Microsoft Edgeでは、不採用。
1997 Webサーバ向けプログラム Java・CGI Java Servlet Sun Microsystems社(現Oracle社) サーブレットはメモリに常駐されており、リクエストのたびにプロセスより軽量なスレッドを起動する事で、CGIより効率良く運用可能。 又、サーブレットはJavaで書かれているので様々プラットフォームで使うことが可能。 現在もWeb向け重要技術として、使用されている。
標準化(PG言語) JavaScript ECMAScript Ecma International 標準仕様。本仕様を元に様々な亜種のJavaScript系PG言語が存在。
分散オブジェクト技術 CORBA RMI Sun Microsystems社(現Oracle社)

▲最上部に戻る

Web技術(ITバブル前後1)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1997 検索エンジン - Google検索 Google社 シェアナンバー1の検索エンジン。本検索エンジンを元にGoogle AdSense等広告代理業を運営。
1998 標準化(マークアップ言語) SGML XML W3C 現在も標準フォーマットとして、広く使用されている。
RPCプロトコル RPC・XML XML-RPC Microsoft社等
分散オブジェクト技術 RMI EJB Sun Microsystems社(現Oracle社) 仕様が複雑化しすぎた事や性能が悪い事等により、あまり普及していない。その結果を踏まえて、 最新版は、Spring Framework等を参考に仕様等が簡素化されている。
インターネットオークション eBay ヤフオク! Yahoo!社 日本では、多くのシェアを保持しているが、海外では、衰退中。 ※Yahoo! Japanを運営するヤフー社はソフトバンク社が筆頭株主である等、アメリカYahoo!から独立した組織(過去の日本⇔アメリカのセブンイレブンのような関係)。
1999 RPCプロトコル XML-RPC SOAP WS-I(現OASIS)
API HTTP・XML XMLHttpRequest Microsoft社 サーバとのHTTP通信を実現するAjax主要技術。
テンプレートエンジン Java Servlet JSP Sun Microsystems社(現Oracle社) HTMLライクなプログラムから、Java Servletを生成する技術。
アプリケーションサーバ Java servlet・JSP Apache Tomcat OSS(Apache系) シェアナンバー1のアプリケーションサーバ。Java向け。

▲最上部に戻る

Web技術(ITバブル前後2)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
1999 ケータイ - iモード NTTドコモ社 先進的な技術であり、日本国内では、普及したが、海外企業の協力が得られず、残念ながら主流技術にはなれなかった。
クラウド Force.comプラットフォーム salesforce.com社 一番最初に提供されたSaaS
電子掲示板 2ちゃんねる 西村博之氏 基本的に匿名で使用される。現在も広く使用されている。
SNS(CMS) weblog等 blog Peter Merholz氏 日記等で、現在も広く使用されている。
2000 マークアップ言語 SGML・XML・HTML XHTML W3C XML文法で定義しなおしたHTML。
アプリ開発・実行環境 Java・ASP等 .net Microsoft社 WindowsOSアプリ向け。
デザインパターン系 SOAP REST Roy Fielding氏
PG言語 Flash・ECMAScript ActionScript Adobe Systems社 Ajaxが普及するまでは、主役となる可能性があったが、HTML5に採用されない事等から、現在は、勢力が衰退中。
オンライン百科事典 - Nupedia Jimmy Wales氏Larry Sanger氏 厳しい参加資格の条件と厳格で複雑な編集プロセスを採用していた為、普及せず、現在は閉鎖されている。
2001 サービス系 HTTP・SOAP Webサービス W3C WSDLUDDI等を使用。
フレームワーク Java Struts OSS(Apache系) Java向けMVCのC部分に特化したフレームワーク。現在も様々な用途で使用されている。
オンライン百科事典 Nupedia・wiki(CMS) Wikipedia Jimmy Wales氏・Larry Sanger氏 現在も広く使用されている。
2003 サービス系 P2P Skype Microsoft社(Skype Technologies社) シェアナンバー1の電話・チャットアプリ。Skypeユーザー間で、無料音声通信・チャット等が可能。

▲最上部に戻る

Web技術(Ajax登場後1)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
2004 フレームワーク Struts JSF Sun Microsystems社(現Oracle社) JavaScriptを意識せずに使用可能な便利なUIコンポーネントやバリデータ、コンバータを保持し、又、イベント単位で処理をする事で、HTTPを意識する必要がほとんど無い等、 革新的な技術であったが、ほとんど普及せず。ただ、JavaEEに採用されている事から、今後は、JavaでのWeb画面作成向けフレームワークの本命となる予定。
サービス系 Webサービス サービス指向アーキテクチャ - クラウドの根幹概念。
XMLHttpRequest Googleサジェスト Google社 HTTPを使用したWeb画面では、基本的に、サーバへ命令を送信し、サーバで編集されたHTMLを受けとる必要がある為、画面全体の再読込が必要である。 しかし、Googleサジェストでは、XMLHttpRequestを使用する事で、画面全体の再読込が無くても、サーバから検索項目候補だけを取得し、 画面に表示する事が可能となった為、画面入力の容易性を高める事ができた。
SNS - Facebook Facebook社 実名(非匿名)使用必須。シェアナンバー1のSNS。
GREE グリー社 スマホゲームで、躍進。
mixi ミクシィ社 衰退気味であったが、スマホゲームのモンスターストライクで、息を吹き返した。
クラウド AWS Amazon社 現在、最もシェアの高いIaaS

▲最上部に戻る

Web技術(Ajax登場後2)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
2005 流行語 - Web 2.0 Tim O'Reilly氏 Webの新しい利用法を指す流行語。
PG手法 XMLHttpRequest・JavaScript・XML Ajax Jesse James Garrett氏 XMLHttpRequest・JavaScript・XML等、既存技術で実現。※本構成技術以外の組み合わせでも、同様の機能を実現可能。
サービス系 Ajax Googleマップ Google社 Ajax代表アプリ。
SNS系 - YouTube 共有動画サービス
2006 PG手法 Ajax Comet - Webサーバは、基本的にクライアントからのリクエストを受け取るとすぐにレスポンスを返すが、本技術を使用する事で、レスポンスの制御が可能となる。
標準化(データフォーマット) XML JSON ITEF 正式名は、JavaScript Object Notationだが、JavaScriptに関係しない用途でも広く使用されている。
PGライブラリ JavaScript jQuery John Resig氏 JavaScriptを使用する際にほぼ一緒に使用される等、大きく普及している。
フレームワーク Java・Ajax Google Web Toolkit Google社 PG言語的に使用しづらいJavaScriptを使用したくないJavaプログラマがJava経由でJavaScriptを使用する為に使用(AltJS(Altnative Javascript(別言語でJavaScriptの生成等を実施する言語)))。
SNS - Twitter Twitter社 簡単に、自分の状況を知人に知らせたり、逆に知人の状況を把握できるサービス。

▲最上部に戻る

Web技術(クラウド普及後1)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
2007 RIA Swing JavaFX Sun Microsystems社(現Oracle社) HTML5に準拠しない為、衰退気味。
ActiveX Silverlight Microsoft社 HTML5に準拠しない為、Microsoft Edgeでは、不採用。
ケータイ - iPhone Apple社 ケータイのあり方自体を変えたケータイ。スマートフォンの代表格。
クラウド Google Apps Google社 SaaS。
2008 Web向けマークアップ言語 HTML HTML5 W3C ドラフト版の発表が2008で、勧告は2014。JavaScript等を使用しなくても、HTMLだけで、様々な事ができるように機能が拡張されている。
Webブラウザ HTML5 Google Chrome Google社 Google V8 JavaScript Engine(以後、V8と記載)搭載。
クラウド - Google App Engine PaaS
Microsoft Azure Microsoft社 PaaS・IaaS。
2009 標準化(PG言語) ECMAScript CommonJS Kevin Dangoor氏 標準仕様。本仕様を元に様々な亜種のJavaScript系PG言語が存在。
Webサーバ向けプログラム V8・CommonJS Node.js Joyent社 特徴は、サーバサイド・スクリプト非同期IO
フレームワーク JavaScript・MVC AngularJS Google社等 JavaScript向けMVCフレームワーク。

▲最上部に戻る

Web技術(クラウド普及後2)
登場時期 分類 Web系先行技術等 定着した新技術等 関係組織等 備考
2010 SNS系 - Instagram Facebook社 無料の画像共有アプリケーションソフトを含むSNSで、編集した画像を同SNS、又は、Facebook等の別SNSで共有可能。
2011 RPCプロトコル Comet WebSocket W3C・IETF 双方向通信用の技術規格。
Webブラウザ HTTP cookie Web Storage W3C C/Sシステムと同様に、クライアント端末にデータを保持する事により、処理性能を向上や、クライアントでのオフライン処理を実現する事を想定したデータ格納方式。HTML5準拠。
SNS Skype LINE LINE社 通信キャリアや端末を問わずに複数人のグループ通話を含む音声通話やチャットが可能。画像等での意思疎通を行うスタンプ、既読有無確認可能等の特徴を持つ。

▲最上部に戻る